温暖化って何 地球温暖化説本当ならう手遅れよね

By: | Post date: 2021年3月13日 | Comments: コメントはまだありません

Posted in categories: age嬢 age嬢

Tags:

温暖化って何 地球温暖化説本当ならう手遅れよね。温暖化CO2説は1980年代から科学的事実とは無関係に政治的に主流となっている「えせ科学」です。地球温暖化説本当なら、う手遅れよね

間合う、証拠

無駄な努力たくない 地球温暖化はもう手遅れか。人類が排出を減らしたとしても。地球が~℃高温の状態ホットハウス?
アースへ移行するスイッチが入ってしまう可能性パリ協定の目標を達成した
としても温暖化が止められないのだとしたら。人類にとって温暖化は手遅れだ
ということではないか。ことも指摘されているが。年前を参考にするなら
ば。それらの増幅効果を含めた大きさが高々℃ということになる。温暖化って何。ニュース “温暖化が進むと国の消滅や。紛争が起きる”。地球温暖化
3温暖化って本当?いま現在。「温暖化対策」で使われる「地球温暖化」は
「温室効果ガスの増加による気温の上昇」という意味で認識してもらえばよいと
思います。そうだよね。温暖化によって海や陸の生態系が壊れてしまうことは
。私たち人間の食糧や生活にも影響を与えてしまうんです。

「温暖化の原因≠温室効果ガス」説の人へ質問。②不要だとするならば。温暖化の原因が温室効果ガスだった場合のリスクはどの
ように考えているのでしょうか?地球の温度変化周期などで四季のように。今
が暖かい時期にあたるだけかも知れないのであれば。温暖化対策をやっても効果
は微々たるものになるかもしれないです。原因の最有力候補である温室効果
ガスの場合。結論を待っていたら手遅れになります。質問者さまの意図と同じ
だと思うのですが。怖いのは。疑いを持った人達が何もしなくなることですよね
。「最悪の場合はあと12年」と国連が警鐘を鳴らす。もはや「深刻」どころではなく。「手遅れ」とも言いたいくらいです…最悪の
場合はあと年」と国連が警鐘を鳴らす。気候温暖化その恐るべき実態同
レポートによると。私たちは地球の気温上昇幅を摂氏度以下に抑えられる状態
とはほど遠く。そして「急速で気候変動になんとかうまく対処しようとする
なら。二酸化炭素の排出量を年までに年比で%削減する

本当に二酸化炭素濃度の増加が地球温暖化の原因なのか。参加者の一人から地球温暖化の原因について二酸化炭素濃度の増加と
対比して他の要因についても説明してほしい。また。大気の%に過ぎない
が大きな影響を与えているとは考えられないので。原因説をそろそろ卒業し
てもそれが地球の温度を下げる効果をもつということは十分考えられますが。
その大きさが°未満ならば。温暖化をすべて打ち消すような話ではありません

温暖化CO2説は1980年代から科学的事実とは無関係に政治的に主流となっている「えせ科学」です。1896年のアレニウスによる発表以来、もともと成り立たないと、長年にわたって学会で退けられていましたが、1980年代に原発を推進するため、科学的知見を無視して、政治的に主流になりました。無実のCO2は濡れ衣を着せられて、悪者にされてしまいました。政府の意向を受けて派遣された御用学者と国連官僚からなるIPCCは科学を装った報告書を出しています。地球温暖化詐欺 5/8「1985年にはフィラハの国際会議でコンピュータを用いた温室効果による温暖化の将来予測が論じられ、未来の社会への警告もなされた。しかし不確実性も多く、さしせまった脅威も被害も実感できないこの問題が動揺とともに広く世界中に広まったのは、オゾンホールのような科学的発見のせいではない。1988年夏、アメリカ各地が 大干ばつなどの異常気象に悩まされているさなかの6月に、アメリカの著 名な気象学者ハンセンが「人為的な温暖化が起きてこれらの異常気象を引き起こしている」と受け取られるような発言を議会の公聴会で行ったことによる。科学者の間でもまだ議論が分かれている問題を、偏ったかたちで人々に伝えた研究者としての信頼を失いかねない一見非常に軽はずみな行為は、特に研究者集団からの大きな批判の対象になった。本当に温度上昇が起きているのか、それは二酸化炭素の増加のせいか、その増加は人為 的なものか…といった基本的な問題に関する確証が得られていなかったからである。実は現在でも得られているとは言い難い。しかし蜂の巣をつついたような騒ぎが過ぎてみると、温暖化問題は一面的とはいえ国際的に広く知られるようになり、重要な地球環境問題つまり国際政治問題として市民権を得ていた。」地球環境問題史 篠田由紀「IPCCの設立過程をみると、当時は特にイギリスのサッチャー政権の強い支持と影響のもとで、地球温暖化問題が政治的課題として取り上げること が決定的となった。サッチャー政権は「新自由主義」的経済政策の実行のためにイギリス国内において最大の敵対的関係にあった炭坑?製鉄産業の労働組合との厳しい政治闘争を展開しており、特に強力な炭坑労働組合の力を弱めるために地球温暖化問題を利用し、石炭火力発電を基礎とするエネルギー政策から原子力発電を推進する政策へと切り替える必要があったというものである」「ヨーロッパ主導によって設立されたIPCCは、イギリスとフランスのように、最初から地球温暖化問題を利用し原子力発電を推進しようとする政治的意図があったことに注目する必要がある。 」「もっとも明らかな点として、二酸化炭素変動説は近年の地球が示してきたような気候の大きな変動を説明できない。「ローマ温暖期」ローマ帝国時代、ローマ帝国衰退を導く寒冷期の「暗黒時代」300~850年、「中世温暖期」950~1300年、「小氷河期」1300~1850年などはどう理解すればいいのか。すなわち、「ローマ温暖期」と「中世温暖期」は人為的な二酸化炭素の変動とはまったく関係がない。第二に、温室効果ガス理論は最近の気温変動を説明できない。現在のほとんどの温暖化は1940年以前、人為的な二酸化炭素があまり大気中になかった頃に起こった。また、1940年から1975年頃まで、工業化からの二酸化炭素排出は大幅に増えたのにもかかわらず温度は下がり続けた。この現象は温室効果ガス説とは明らかに矛盾する。」クライメートゲート事件 京都議定書 中野洋一 九州国際大CO2が温室効果ガスであることを発見したチンダルは、その後の実験で、CO2濃度を2倍にしても、赤外線の吸収が変わらないことを見出しました。 1900年頃の科学者たちは1896年発表のアレニウスのCO2温暖化説はチンダルの実験結果で論破されているとして、全く支持しませんでした。 このチンダルの実験の追試はクヌート?オングストロームによって行われ、同じ結果が得られています。いまだに、これらの結果を覆す実験結果は得られていません。CO2の400ppmの赤外線吸収スペクトルと800ppmの赤外線吸収スペクトルはほぼ同一ですから、これらの結果も当然のことです。CO2が増えても赤外線の吸収が変わらなければ、CO2濃度上昇による温室効果の増大も温暖化もありえません。温暖化CO2説では、CO2が多くなると地球から宇宙へ出る放射がCO2により多く吸収されるようになり、地球に熱がたまるから温暖化するとされています。しかしCO2が吸収できる遠赤外線は波長15μm付近だけです。15μmの地球放射は10m未満の高さでCO2に全部吸収されていて吸収されずに宇宙まで進んでいるものはありません。15μm付近の地球放射の宇宙への透過率はゼロですから、その波長ではCO2による温室効果が100%で、放射冷却していません。従ってCO2濃度が高くなってもさらに多くの赤外線を吸収することはできず温室効果の増大も温暖化も物理的にあり得ません。CO2は8~13μmの大気の窓領域の地球放射を吸収できませんから、放射冷却を減らすことはできず、濃度上昇による温暖化も不可能です。赤外線吸収飽和論に対して、地球温暖化CO2説をまだ信仰している方々から4通りの反論がありますが、どれもこれも屁理屈ばかりで成り立ちません。反論1 CO2濃度が高くなると15μm付近の赤外線吸収波長域の幅が広くなるから、温室効果が高まる余地がある。ところがCO2の赤外線吸収域に隣接した波長域はCO2の50倍前後存在する水蒸気の吸収波長域であり、既に水蒸気に吸収されています。CO2濃度を2倍にする実験でも赤外線の吸収はほとんど変わらないことがわかっています。追試も同じ結果であり科学者達はこのことを知っていたため地球温暖化CO2説は既に論破されているとして、全く支持されませんでした。学会も長年にわたって成り立たないとしてCO2説を退けてきました。CO2の400ppmと800ppmの赤外線吸収スペクトルはほとんど同一で、赤外線吸収域の広がりはなく、濃度倍増で赤外線吸収が増える余地はありません。反論2 地球放射を吸収したCO2は半分を地表の方向に、半分を上の方向に再放射する。上に向かった再放射は上の層のCO2に吸収されて、さらに上方向に再放射される。この吸収と再放射の繰り返しが行われて最終的に赤外線は宇宙へ出る。CO2濃度が高くなるとCO2による吸収と再放射の繰り返しが多くなるから、温室効果が高くなる。反論2は多層大気モデルと呼ばれているものですが、地表では上向きの15μmの地球放射と同じ大きさの下向き大気放射が観測されています。ということは上向きに再放射と吸収の繰り返しで宇宙へ出る赤外線は存在せずCO2による再放射は一度上方向へ出たものも含めて全て地表に戻っていることになります。従ってCO2の赤外線吸収波長では正味の放射はゼロであり、多層大気モデルは机上の空論です。大学の講義で教えられている大気を1層としたモデルでも地球放射をCO2が吸収した後の再放射の半分は宇宙へ向かうことになっていますが、同様に誤りであることが明らかです。観測で否定されるモデルは机上の空論、えせ科学です。反論3 低圧低温の高空ではCO2による赤外線の吸収は飽和していないため、温室効果が高まる余地がある。1952年にプラスが主張し、ペティの図が引用されて、その説明に使われています。ところが、この図はわずか1mの長さの空気柱で、低圧低温として行われた実験によるもので、現実の世界と比べてあまりにも短いのです。実際の成層圏下部は1万mの厚みがあります。1mで50%の赤外線吸収率でも、5mもあれば100%の吸収率になってしまいます。当然1万mの厚みの赤外線吸収率は100%で、透過率はゼロです。成層圏下部では15μmの赤外線の透過率はゼロという図もあります。地表から出た15μmの地球放射は高さ10m未満で全部CO2に吸収されて、成層圏下部まで届きませんから、成層圏下部の赤外線吸収は温室効果と無関係です。反論4 CO2濃度が高くなるとCO2による宇宙への放射の高度が高くなる。その高度は元の放射高度よりも低温だから、放射平衡を満たすようにその高度の温度は元の放射高度の温度まで上がる。高さによる温度の勾配は一定のはずだから、地上気温も高くなる。真鍋淑郎氏の放射平衡による温暖化の理論をもとにしたものですがCO2による宇宙への放射の高度は高さによる温度勾配がある対流圏ではなくて、-53度の高さによる温度勾配がない成層圏下部です。従ってCO2濃度が高くなって、放射高度が高くなったとしても、元の放射高度と温度は同じですから放射平衡を満たすように温度が上がることはないし、その結果、地表温度も上がりません。CO2濃度が上昇して、ある点しきい値を過ぎると取り返しがつかない大惨事になると科学的根拠もなく煽り、判断を急がせて、考える余地をなくする手口はオレオレ詐欺と手口が似ています。IPCCの第5次評価報告書に間に合うための方策1.5℃に抑えるが示されており、2016年のパリ協定で、CO2を削減していくことが合意されました。下でも、色々書かれていますが、地球温暖化には、以下の問題があります。①地球温暖化は事実か否か②地球温暖化が事実だとして、その原因は温暖化ガス主としてCO2か否かまず、地球温暖化については、世界中から科学者が3千人も集まった国際会議COP21で、95%以上の確率で温暖化が進んでおり、その原因は温暖化ガスと考えられる、との結論が採択されました。そもそも、地球温暖化問題の本質は、それが事実か否かということよりも、事実であった場合に、地球環境変化の影響度合いが著しく大きい可能性があること、事実と確認できてからでは対策が間に合わないこと、を認識しておく必要があるということです。台風、大雨などで、避難勧告、避難指示が出るのは、本当に避難する必要が100%あるから出すのではなく、洪水、土砂崩れなどが発生する可能性があるからです。地球温暖化問題も同様であり、地球温暖化が進んでいる、その原因が温暖化ガスである可能性があるから対策を採るべきなのです。IPCC第5次評価報告書では、可能性が高い95%以上の確率と言っているのですから、事実である前提で対策を採るのは、リスク管理、危機管理上は当たり前のことです。地球温暖化が事実で無い場合には、人類、地球にとってハッピーであって、事実であることを前提とした対策を取るのは当たり前のことなのです。何も対策を採らずに事実であった場合には人類、地球にとって悲劇となり、しかもその影響は破滅的かも知れないのです。地球温暖化問題は、100%事実と分かってから科学的には100%事実と証明されることはありませんが対策を採れば間に合う問題ではなく、早期に着手し、長い時間を掛けて対策を採っていく問題なのです。地球温暖化問題については、原発推進理由になるという理由から、反原発を主張する団体や個人から、地球温暖化懐疑論が叫ばれていますが、上で述べた理由で、事実である前提で対策が必要ということです。なお、地球温暖化、CO2排出ということで考えれば、原発は温暖化対策になるのです。電源別、ライフサイクルCO2排出量は以下の通りです。単位はg/kWh石炭火力:943石油火力:738LNG火力:599コンバインドLNG火力:474太陽光:38風力:25原発:20水力:11また、人類にとって、化石燃料は貴重な資源であり、輸送、物流、化学の分野では欠かせない資源です。また、取扱が比較的容易でもあり、発展途上国のエネルギー源としても貴重な資源です無資源国の日本も同様。そんな中で、先進国が、電気を得るために貴重な化石燃料を大量に燃やし続けていて良いのか、という問題もあるのです。現状は、世界の20%の人が、世界の80%のエネルギーを使っていますが、このままで良いのか、という問題も、また世界では、人口、エネルギー消費量が増え続けているという問題もあるのです。1次エネルギーは化石、核原子力、再エネの3種類しかないのですから、全てのエネルギーが重要であるのは当たり前のことであり、それぞれ特徴が異なるのですから、その特徴を踏まえ、日本だけではなく、世界人類でも3種類の1次エネルギーを上手に使っていく必要があるのです。「温暖化仮説」は1950年代には問題になっていましたが、産業界は無視していました。経済?産業を優先したからです。「もう、手遅れ」は何もしないことです。少しずつでも「対策」を考えていくことが賢明な策です。努力しないことが最も問題。100年前の何百倍もエネルギーを使いすぎている生活を見直す必要はあるでしょう。でも、消費者が「賢く」なることを、産業界は嫌がっています。儲からなくなるから。どうなるんが手遅れってことなんかねえ? 何も考えんのはおかしいんちゃうか?ナニもせずCO2垂れナガッシーにすりゃ、どうなるんか、だーれも保証せんな。物のわかった人は、暑くなるだけぢゃなく、気象変動が激しくなる一方だと言うとる。スーパーハリケーンちゅうのんを聞いたことあるかいな?いまはまだその卵しか発生しておらんが、映画のような巨大なのが出来んとも限らんとされておる。そんなんが荒れ狂うようになったら、一次産業は全滅の大量死ってわけだな。異常で激しい気象変動ってのは大気温度が高いから起こるんぢゃあない。大気温度があまりに速く高くなって行くからこそ起こるのだ。それが例えば海洋の海流変化や氷床の縮小、陸上の植生変化、海洋生態系の変化などなど、地球上のあらゆる変化をもたらすから、それらが総合されて気象の大変動が巻き起こる。ようするにあらゆる変化が大きな偏り、ムラを生んで大変動の引き金になるのだ。なので気温が高けりゃ高いで安定した方が異常変動は起こらなくなる。海面上昇で低地が水没するんだけが被害ぢゃあないってこった。むしろその程度は簡単に乗り切れる。そこで世界はCO2垂れナガッシーにするのを早いとこ止め、2050年ごろにはもう増大しないよう落ち着かせようとしておるってわけだ。ま、そうなってもすぐ気象が落ち着くかどうかはわからん。海洋変化や氷床変化は長く残り続けるしな。だが、せっせとCO2垂れナガッシーを止めて行けば、これから30年間の気温上昇は緩やかになっていく。早く進めれば進めるほど早く穏やかになるってわけだ。それとナニもせんで傍観するんとでは雲泥の差があるってのは、この10年間の異常気象振りを見れば請合えるってもんぢゃなかと?大気中から二酸化炭素等を減らせばいいでしょう。温暖化対策には畜産廃止がいいと思います。肉にのみ含まれる必須栄養素はなく、畜産は不要で、1.5割の温室効果ガスを排出しています。さらに、穀物を大量に消費しますので、廃止した余剰穀物をバイオマス発電に使い二酸化炭素回収すれば大気中から温室効果ガスの削減ができます。今はクリーンミート培養肉のコストが1食1100円にまで下がったようです。※参考畜産廃止のまとめ暫定版Q:畜産廃止は温室効果ガス削減にもつながりますか?A:その通りです。畜産は温室効果ガス全体の1.5割を排出し、動物性食品は植物性食品の2倍排出すると言われています。科学者は今世紀末と予測しているが、昨今の異常気温をみるとかなり早まると思うね。8月7日 AFP化石燃料による大気汚染がこのまま続けば、地球は危険な「温室」状態が永続することになりかねない──。欧州などの研究者らが6日、そう警告する論文を米科学アカデミー紀要PNASに発表した。環境保護と経済成長を両立させるグリーン経済への転換を地球規模で早急に実現する必要があると訴えている。 デンマークのコペンハーゲン大学University of Copenhagenやドイツのポツダム気候影響研究所Potsdam Institute for Climate Impact Research、オーストラリア国立大学Australian National Universityなどの研究者がまとめた論文によると、このまま極地の氷が解け、森林が伐採され、温室効果ガス排出量が増え続けていくと、地球は転換点となるしきい値を超える。そうなれば気温は産業革命前よりも4~5度上昇し、海面は現在よりも10~60メートル上昇する。 21世紀末までに各河川は氾濫し、沿岸地域は暴風雨にさらされ、サンゴ礁は消滅。地球の平均気温は過去120万年間のどの間氷期よりも高温になるという。「温室化した地球Hothouse Earth」が現実のものになれば、地球は人が住める場所ではなくなってしまう」。論文の共同執筆者であるスウェーデンのストックホルム?レジリエンス?センターStockholm Resilience Centre所長、ヨハン?ロックストロームJohan Rockstrom氏は危機感をあらわにする。 論文は、地球の気温が産業革命前比で2度上昇すると、この転換点を迎える可能性があると指摘する。すでに1度上昇しており、10年間に0.17度の割合で上がり続けている。「平均気温が2度上昇すると重要な転換要素が活性化され、気温がさらに上昇する。これによって他の転換要素がドミノのように次々と活性化されていき、地球全体がさらに高温になる」。研究チームはそう予測する。地球温暖化説が本当ならば、もう手遅れです。間に合う証拠を出す事は到底無理であり、CO2が地球温暖化を促進している証拠も無いのであり、原発推進をする為のキャッチフレーズが地球温暖化CO2犯人説なのです。原発推進と言う『無駄な努力』はする必要はなく、極端に言えば石炭ガス化火力もOKと思います。まだ間に合います。電力会社野の原発屋さんが、今すぐに、温暖化やめて蒸発してくれればですが。地球温暖化は100年前から噂されてますが証明できる人は全く存在しません。下の人へama→ber→mooモーと呼んでやるよww→何回でも書きますが、排出二酸化炭素での地球温暖化は有り得ないのですよ!CO2は悪くは無いのです。どおおおおやって温暖化対策を行なうとお考えか?何をやれば対策になるとお思いか?判っては居ないんではないの?か?宝くじの法則と言うのがあってな。努力は報われるとは限らないが、成功したものは必ず努力している。つまり行動を起こさないと何も起きない。しなきゃ良いじゃん。何で、他人に聞かないとできないの?それこそCO2温暖化が確定した時は、袋叩きだろうね

  • 私たち時計修理工房は コルムってどう思います
  • “understand” これはどう理解すればいいのでし
  • 作品数NO NEXTの無料体験の期限が昨日まででうっかり
  • 古代~平安時代 そもそも漢書地理史にも100余りの国があ
  • あつ森お金のなる木の作り方と移動方法 あつまれどうぶつの
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です