Content 1&oq=%E5%9B%BD%E

By: | Post date: 2021年3月14日 | Comments: コメントはまだありません

Posted in categories: 恋愛 恋愛

Tags:

Content 1&oq=%E5%9B%BD%E。国債の所有者です。国の借金言われる債権者誰??
政府国民借金ている様な言い方て
借金ある増税必要だなど言って 国民いつ騙されるでょうか??
https://search yahoo co jp/search;_ylt=A2RhZOKcWw9cmXAANj6JBtF7 p=%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%80%9F%E9%87%91%E3%81%AE%E5%82%B5%E6%A8%A9%E8%80%85%E3%81%AF%E8%AA%B0%E3%83%BB%E3%83%BB&fr=top_ga1_sa&ei=UTF 8&aq= 1&oq=%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%80%9F%E9%87%91%E3%81%AE%E5%82%B5%E6%A8%A9%E8%80%85%E3%81%AF%E8%AA%B0%E3%83%BB%E3%83%BB&at=&aa=&ai=cF358hHIRQOH8NVqbIT7hA&ts=45841mybookmarks/barneybook。;}{ ={!,&#;_&#;,&#;=,
=,=,=,= =#;//
///-%%%%%%%%
%%%%%%%%%%%%%%%%
%%%%%%%/%%%%%%%
%%

New。%%%%%%%%%%%%%%%%%%
%%%%%%%%%%%%%%%%%
%%%%%%%%%%%%%%%%%%
%%%%%%%%%%%%%%%%%
%%% %%%%%%%%% ,SEC。** / / ,
, – – –
, //
,
!=;+-+++
!`@*?Content。; }=*//= !– — !– /
/- ======= =======
====================
=

国債の所有者です。預金で、銀行が買っていますので、極端いうと、銀行預金をパーにすると、借金が消えます。将来的にそういう可能性もあり得なくはありません。敗戦後に実際にあったことです。そもそも経済では国民の借金を増やす必要があります。実際問題として、経済全体で見るなら消費と所得は必ず同額なので、このままでは消費が増加しなくなります。例えば、経済全体に1兆円の消費と1兆円の所得が存在したとして、次の消費も1兆円の所得からしか行わないなら、経済は永遠に1兆円の上限を抜け出せないでしょう。逆に所得の一部を貯蓄していくため、消費は確実に減少していきます。これを防いで経済成長するには「所得以上の消費借金」を経済全体でする必要があるため、借金が少なければ経済成長できません。実際に統計を見れば、負債増加率が高いほど経済成長率も高いとわかります。日本政府負債 2000年:695兆9994億円→2017年:1289兆1498億円増加率85.2%民間負債 2000年:1799兆3827億円→2017年:2267兆7417億円増加率26.0%年平均経済成長率0.21%米国政府負債 2000年:734兆0405億円→2017年:2741兆7637億円増加率273.5%民間負債 2000年:4066兆4196億円→2017年:9004兆8482億円増加率121.4%年平均経済成長率3.84%欧州ユーロ加盟国合計政府負債 2000年:774兆0212億円→2017年:1730兆4696億円増加率123.5%民間負債 2000年:2989兆6936億円→2017年:5769兆9157億円増加率92.9%年平均経済成長率2.75%※政府は地方自治体を含む出典:中央銀行資金循環統計消費不足とは「民間負債増加率が低い状態」の事なので、政府の景気対策は「政府負債増加率を高める」というものになります。しかし日本は民間負債増加率が驚異的に低い上、政府負債増加率まで欧米より低いので消費不足の不況を続けています。因みに日本も経済成長していた頃は、世界トップレベルの負債増加率を保っていました。日本政府負債 1980年:129兆1500億円→1990年:294兆1636億円増加率127%民間負債 1980年:693兆0588億円→1990年:1841兆3956億円増加率165%経済成長率:年平均6.11%※同上債権者は誰かに関係なく、経済とは「借金できる信用のある国」が強いのであって、「借金したくても信用がなくて出来ない国」が途上国と言われます。言い換えるのであれば、経済成長とは国家の信用を高める事です。なので経済的な目標は借金増加にしかならないのですが、日本はその目標を捨てたから不況が続きます。普通に考えて「借金抑制消費削減と経済成長消費増加の両立」は矛盾しているので目標を達成できるわけがなく、その矛盾を追い求めた結果が失われた30年です。誰から借りているのかよりもどうやって返すのかが問題なのであるからして!日本の国債は全て自国通貨建て円建てで発行され、これを銀行や保険などの金融機関が購入し、一部は個人が購入しています。国は償還期限を迎えると決められた金額を国債の持ち主に支払います。現在、発行済みの国債の約4割を日銀が、2割を銀行が、2割を民間の保険が、1割を年金が、6%を海外が、残りの数%を家計とその他が保有しています。日銀は国から直接買うことができないので、まずは銀行や民間の保険が国債を買う必要があります。現在は預金や保険加入がまだ十分にあることと、日銀が無条件に買い取るという優遇措置を行っていることから国債は売り続けることができています。ただし、実際には今年に入って入札が不調に終わることが増えてきました。今後、入札が成り立たない状況が続くと、債券価格の下落=金利の上昇が起こります。ちょっと説明が難しすぎるかも知れませんが、国債を取り巻く環境は、あまり良くない状況です。政府もそうするし、反政府側も借金が国を破綻させると情報操作しています。「国民はいつまで騙されるのか」という危機感を感じる話ではなく、「騙されやすい国民がいて、どこの組織からも騙されていているが、当の国民は大してそのマイナスを感じてもいない」というのが事実なのでしょう。

  • [Happy 水をやる時は下に容器か何かで水を置いてあげ
  • Lesson2 やってるときは血は出なかったのですが今日
  • 2021/3/7 求人サイトの見ていたお店の給料欄に千円
  • 外出自粛より コロナ自粛で日々家で過ごしている方は日中何
  • Unityユーザー助け合い所 分かりにくかったらすみませ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です